パトロンを探すために、最適に使えるのがJメールとワクワクメールの出会い系アプリのようです。
こちらでパトロンと知り合えたら、侑里のように無償でお金の支援をしてくれる人を見つけて専門学校に通える可能性があるのだから、絶対に利用しなければいけません。
「これだけはやっちゃダメって事があるんだ」と、友人は言いました。
「それはね、金銭の書き込みがダメになってること。例えばダイレクトに、お金くださいとか、サポートしてくださいとか書いちゃうと、垢バンの対象になっちゃうから、それとお金って書くと男の人に冷められちゃうから、この辺を注意しなきゃダメなんだよね」
「それじゃ、支援してくれる人を探す方法は?どんな文章を投稿するの?」
「“夢を支えてくれる紳士と”ってタイトルを作ってね、本文の方には“定期でお食事とか買い物に連れて行ってくれる、余裕のある男性と仲良くなりたいと思っています。優しい人との出会いを夢見ています”って感じで投稿していけばいいの。メールが来たらLINEでもカカオでもいいから、交換して詳しい金銭のやりとりはそちらでやるんだよ」
なかなか手の込んだ方法だと思いました。

 

 ランチを終えてから帰宅して、スマホにアプリをインストールしました。
プロフに自分の持っている夢を書き込む。
そして、掲示板に投稿しました。
侑里に言われていたように、お金という言葉は使わずに募集を開始です。
この掲示板投稿を繰り返して行く必要があるようです。
特殊な関係と言える間柄ですから、パトロンを見つけるのにも時間が必要。
それだけしっかり理解しながら、掲示板更新を頑張ってやって行くことになりました。
投稿するだけでも、無上の喜びを感じてしまったりもした私です。
夢のお手伝いをしてくれる紳士と出会える可能性があるのですから、自然に気持ちが華やいでしまいました。

定番サイト女性は完全無料

支援してくれる人を探すなら迷わずコレ!